とりあえず、ショッピングセンターに行った。
金曜日は午後からしかショッピングセンターも開
かない。映画館も併設されているので、どんな映
画がやっているかチェックしてたら、なんと「パ
ッション・オブ・ザ・クライスト」までやってい
る。

 最近はハリウッド映画なんかもじゃんじゃんや
っているが、ここはイスラム圏なんだよなぁ。い
ったい、この映画は流行っているのか? そして、
この国の人間の反応は??? とっても興味がある・・・。

 し、しかし、結局見るのを断念。この映画を見
てる最中に、アメリカのお婆ちゃんは亡くなって
しまったというほど、ショッキングな映像が多々
あるという話しを聞いていたから。敬虔なカソリ
ックであるメル・ギプソンが、キリストの受難を
忠実にしかも克明に再現させたらしい。で、かな
りなグロイ映像があるらしい。ダメだ、そんなん
見たら凹む。アラブ人の反応を見てみたいという
欲求と、そんなグロイ映画を見たら、絶対にその
あと凹むという思いを天秤にかけたらやっぱり見
ないことに決めてしまった。しかし、フィリピン
のように映画見るのに 200円程度なら、見ていた
かもしれない。こちらは30ディルハム(約1,000円)。

 やはり、この料金を払うなら気軽には映画は見
られない。その点はフィリピンが懐かしい。掛け
値なしで映画に関してはフィリピンは文句なく安
かった。

 まぁ、イスラム教にもイエス・キリストは預言
者として出てくるらしいのだが。イスラム教の28
人の預言者のうち、20人までが聖書に出てくる人
物とかぶってるらしい。しかし、全て預言者と言
うことで神格化は当然されてないらしいのだが。
だから、なおさら、「パッション・オブ・ザ・ク
ライシス」のラストにどういう反応を示すのかが
興味あったんだが・・・・。ネタバレになるので、
どんなラストかは書きませんが。

 え? 何で見てもいないのにラストを知ってる
のかって?ネットをふらついていたらだいたいの
ラストがどんな感じか分かっちゃったんですよね
え。キリストの拷問シーン+十字架磔のシーンは
かなり気合いが必要なようなので、見に行こうと
思ってる方、心の準備はしておいた方が良さそう
ですよ。(笑)

 で、映画は止めて、スーパーマーケットをチェ
ックし、「シアトルズ・ベスト」と「シナボン」
がくっついてるお店で、「シナボン」チェック。
ドバイのシナボンも激アマでした。「ミニボン」
にして正解でした。(^^;)

 しかしビックリしたのは、ここの「シアトルズ
・ベスト」と「シナボン」はテーブルまでオーダ
ーを取りに来てくれます。テーブルにはちゃんと
「シアトルズ・ベスト」と「シナボン」のメニュ
ーが置いてあるし。かなりカルチャーショックで
した。

 「シアトルズ・ベスト」でアイスラテを買い、
そのまま「シナボン」まで行って、「ミニボン」
を注文したら、ウエイトレスが「お席までお運び
しますから。」って言うのを怪訝に見返してしま
ったけど、どうも変だったのは私の方だったらし
い・・・・。

 「お勘定はどうするの?」って聞いたら、やっ
ぱりテーブルでチェックすれば良いということ。
それって普通のレストランと一緒じゃん!

 恐るべし「シアトルズ・ベスト&シナボン」

 あ、以前、シティセンターのスタバに行った時
は、普通にカウンターでオーダーし、お金も前払
い。セルフサービスでテーブルまで持っていきま
した。それが普通だと思ってたし・・・。

 そういえば、その「シアトルズ・ベスト」のあ
るショッピングモールには、その他にも「スタバ」、
「バリスタ」、「マクドナルド」とコーヒー屋や
ファーストフード店がしのぎを削っている。また
「coming soon」ということで、他にもコーヒー
屋が 2軒できる予定だ。やはり他店との差別化を
計るために、テーブルでの注文システムを採用し
てるのだろうか???

 ちなみに「バリスタ」はデリーでとってもお世
話になったコーヒー屋だ。インドでコーヒーを飲
もうと思うと、インスタントでデフォルトでミル
クと砂糖が入っている。ちょっとしたホテルのレ
ストランでも「うちのコーヒーはネスカフェなん
だぜ。」と自慢する程、ネスカフェ(所詮はイン
スタントなんだが)はステータスだ。ネスカフェ
を自慢され、かなり痺れた記憶が・・・。いや、
ネスカフェを自慢されても・・・みたいな。

 いまだに、そのウエイターの得意そうな顔が忘
れられません。(笑)

 そんな中、普通に淹れたコーヒーを飲めたお店
がここ、「バリスタ」。インドのチェーン店かと
思ってたんだけど、ドバイにもあるってことは違
うのかな???